独立不動産鑑定士の年収

独立不動産鑑定士の場合、これは、ほんと、ピンキリです。サラリーマン不動産鑑定士以上に上と下の差が大きいのではないでしょうか。下は年収100万円以下から上は年収1億円以上までいます。これは、もう独立不動産鑑定士に限ったことではなく医者でも弁護士でも独立業者は同じだと思います。独立の場合は実力次第です。実際、私が会ったことのある独立不動産鑑定士の中にも年収1億以上の人がいました。だから、散々、上では不動産鑑定事務所の年収の低さを書きましたが、こういう羽振りの良い不動産鑑定事務所がないわけではありません。でも、年収1億円以上は極少数派です。また注意点として、サラリーマン不動産鑑定士と独立不動産鑑定士では同じ年収でも意味が違ってくるという点です。サラリーマンでは源泉徴収額を引かれるぐらいですが、独立不動産鑑定士の場合、諸経費や税金などで、かなり引かれるので、同じ年収の場合、可処分所得は、独立不動産鑑定士のほうが相当少ないです。独立不動産鑑定士の平均年収は1000万円だとか1300万円だとか言われてますが、その額は、サラリーマン不動産鑑定士の年収500~800万円ぐらいではないでしょうか。もちろん、従業員を雇ってるか否かでも変わってくるし、うまく諸経費を抑えて利益率を良くしてる独立不動産鑑定士もいるので、その辺も、独立不動産鑑定士の腕の見せ所です。鑑定スキル、営業能力含めて独立不動産鑑定士は実力次第で年収も決まってきます。