不動産鑑定士について

三大難関国家資格にも挙げられる難易度の高い不動産鑑定士資格ですが、果たして不動産鑑定士の年収はどれくらいなのでしょうか?難易度の高い不動産鑑定士試験に苦労して合格する価値のある年収なのでしょうか。もちろん、お金(年収)が全てではありませんが、やはり、お金(年収)も正直、気になるところ。なぜ、私が、このようなことを思うかというと、私は、不動産業界で以前、働いていたのですが、そのころ、不動産鑑定士にも興味があり、勤めていた不動産会社の上司や先輩に不動産鑑定士の話題をふると、皆、口を揃えたように「不動産鑑定士は稼げないよ」というのです。また、過去、不動産鑑定士事務所の面接を受けたこともあるのですが、その時も、面接した人(所長など)は「この仕事(不動産鑑定士の仕事)は実入りが少ないんで・・・・」なんて言うし聞く人聞く人から羽振りのいい話はほとんど聞こえてきませんでした。不動産鑑定士の仕事に興味があったので、前もって、どれくらいの年収かというのを、メディア上で、ざっと調べて、ある程度知ってはいましたが、業界関係者や不動産鑑定士本人から、実際に、そこまで不動産鑑定士の年収について上記のような芳しくないことを聞かされると、さすがに不安になってきます。ということで、自分の頭を整理する意味も込めて、不動産鑑定士の年収について書いてみます。まず、不動産鑑定士の年収といっても、サラリーマン不動産鑑定士と不動産鑑定士として独立してる人では年収の額も、そして、同じ年収の場合であっても可処分所得が全然違ってきますので、不動産鑑定士の年収を語る場合、サラリーマン不動産鑑定士と独立不動産鑑定士の二つに大別したほうがよさそうです。

サラリーマン不動産鑑定士の年収

サラリーマン不動産鑑定士の場合、まず、サラリーマン不動産鑑定士としてやっていける業界を考えると、当然、不動産鑑定業界、そして不動産業界や建設業界、さらには信託銀行などの金融業界や公務員、他には商社、鉄道会社、コンサルティング会社などが挙げられます。この場合の不動産鑑定士の年収は、当然、その会社の給与条件や給与体系に関わってきますし、その業界の給与相場にも関わってきますので一概には言えませんが、年収が良さそうなのは、やはり、信託銀行などの金融業界だと思います。理由は簡単。銀行などの金融業界自体、給与相場が良いからです。逆に、年収が悪そうなのは、残念ながら、当の不動産鑑定業界。大手の不動産鑑定会社なら、まだ多少良いでしょうが、個人の不動産鑑定事務所などだと年収300~400万円、新入りだと月給20万あるかないかで年収にしても200万円をどうにか超える程度なんてのも珍しくありません。というか普通です。アルバイトとあまりかわらない収入ですね。まあ、個人の不動産鑑定事務所への就職の場合、独立の為の丁稚奉公的な勤め方も多いので、丁稚奉公では収入面であまり贅沢もいえないというのもあるでしょうし、実際、その個人の不動産鑑定事務所が、その程度の低賃金しか払えないという懐事情もあるのでしょう。個人の不動産鑑定事務所などだと年収300~400万円、金融業界で800~900万円ぐらいではないでしょうか。でも、これはあくまで相場であり、その業界、その会社の給与条件や給与体系に依存するので、年収の額も、その会社次第でしょう。ちなみに厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、平成19年の不動産鑑定士の平均年収は、527万円だそうです。平均年収527万円を高いと見るか低いと見るかは個人差もあるでしょうが、むしろ問題なのは、平成18年の不動産鑑定士の平均年収727万円から527万円へと200万円も急落してる点です。

独立不動産鑑定士の年収

独立不動産鑑定士の場合、これは、ほんと、ピンキリです。サラリーマン不動産鑑定士以上に上と下の差が大きいのではないでしょうか。下は年収100万円以下から上は年収1億円以上までいます。これは、もう独立不動産鑑定士に限ったことではなく医者でも弁護士でも独立業者は同じだと思います。独立の場合は実力次第です。実際、私が会ったことのある独立不動産鑑定士の中にも年収1億以上の人がいました。だから、散々、上では不動産鑑定事務所の年収の低さを書きましたが、こういう羽振りの良い不動産鑑定事務所がないわけではありません。でも、年収1億円以上は極少数派です。また注意点として、サラリーマン不動産鑑定士と独立不動産鑑定士では同じ年収でも意味が違ってくるという点です。サラリーマンでは源泉徴収額を引かれるぐらいですが、独立不動産鑑定士の場合、諸経費や税金などで、かなり引かれるので、同じ年収の場合、可処分所得は、独立不動産鑑定士のほうが相当少ないです。独立不動産鑑定士の平均年収は1000万円だとか1300万円だとか言われてますが、その額は、サラリーマン不動産鑑定士の年収500~800万円ぐらいではないでしょうか。もちろん、従業員を雇ってるか否かでも変わってくるし、うまく諸経費を抑えて利益率を良くしてる独立不動産鑑定士もいるので、その辺も、独立不動産鑑定士の腕の見せ所です。鑑定スキル、営業能力含めて独立不動産鑑定士は実力次第で年収も決まってきます。